GME医学検査研究所の検査キットで迷ったら選ぶセット!

性病検査キットで有名な「GME医学検査研究所」ですが、検査キットのセット数がとても多いです。
性病に関するキットはなんと27種類もあります。

ただ、選べるキットが多いとどれがよいのか迷ってしまいます。

ここでは、どの検査キットを選ぶとよいのか紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

2種類あるパッケージ

GME医学検査研究所の特徴でもある、1つの検査キットに、「スタンダード版」「ローコスト版」の2つのパッケージがあります。
どの検査キットを選ぶにしても、この違いを知っておく必要があるのでまず紹介します。

ローコスト版は安いので、以下のデメリットがあります。

  • 予備キットなし
  • 採取やり直し有料
  • ポスト投函で配達

ローコスト版だけで、検査は問題ありません。
ただ、万が一、血液がうまく取れなかったりした場合などは、料金を追加して対応することになります。

どちらかというとローコスト版は慣れている人向けのセットです。

初めての人は、少し高くても「スタンダード版」が安心かもしれません。

※採取は特に難しくないのですが、ランセットは予備キットがあったほうが安心です。

GME医学検査研究所のお勧めのセット

数ある検査キットの種類ですが、初めての人はできるだけ多くの検査をしておくといいです。
性病は自覚症状が乏しく体を傷つけます。

なので検査をしていない項目は、結果がわからないので不安が付きまといます。

基本的に男性が初めて検査するのであれば「性病検査8項目+のど2項目」、女性は「性病検査12項目」です。
もし自分と過去のパートナーが海外旅行または外国の方とエッチが経験がないのであれば、肝炎を減らし「性病検査6項目+のど2項目 」の選択もいいです。

それ以外の検査キットを選ぶ場合は、過去に検査をした経験がある人が、その病気の感染経路に不安があって行う場合くらいです。
基本は「性病検査8項目+のど2項目」です。

ぜひ参考に検査キットを選んでみてください。

関連記事

  1. さくら検査研究所の徹底した個人情報管理

  2. 性病検査キット通販の口コミ比較

  3. クリニック運営の予防会の性病検査キット

  4. 使ったら簡単『さくら検査研究所』の性病検査キット。プライバシー保護も完璧です。

  5. 性病検査を自宅する場合はどのようにすればいいのか?

  6. 性病検査キットを販売しているSTDチェッカーってどうなの?