性病検査のPCR法の精度は?

クラミジアなどの性病検査を受ける際に主に用いられる検査法がPCR法です。

簡単にいうと、検体(尿や膣内分泌)の中のクラミジアの核酸を人工的に増殖させ発見する方法です。
増えれば発見しやすくなるわけで、とても精度が高い検査方法です。

現在のクラミジア検査の代表的な方法になっています。

当サイトで紹介している、STDチェッカー、GME医学検査研究所、ふじメディカル、予防会、さくら研究所すべてクラミジアの検査はPCR法です。

抗体検査

クラミジアの検査にはたまに「抗体検査」をしているところもあります。
まだ保健所では、このクラミジアの抗体検査を行っているところも多くあります。

PCR法は実際にクラミジアのウイルスを発見するのに対し、抗体検査はクラミジアに一度でも感染していれば陽性反応がでます

過去感染し完治していても抗体検査では「陽性」になるわけです。
結局PCR法を用い、最終判断がされます。

PCR法が精度が高いのは一目瞭然です。

クラミジアはできるだけ精度の高い性病検査キットでの検査をおススメします。

関連記事

  1. 性病検査、どこで匿名でできる?

  2. 性病検査は痛い?どんなことするの?

  3. 性病検査はどれくらい痛い?

  4. 性病検査ってなにするの?

  5. パートナーが性病(HIV,クラミジア,淋病,梅毒,B型肝炎)だったとき、性病検査は受けるほうがいい?

  6. 性病検査、当日結果を知る方法