性病検査キットは薬局/ドラッグストアで販売している?

性病かも・・・と思ったとき、まず浮かぶのが病院での治療です。
ただ・・・本当に病気ではなかったときはチョット恥ずかしいですよね。

医者も問診とはいえ、それなりに性生活を聞く必要があります。
年配の医者だと説教されることもあり、できれば本当に病気でないのであればいきたくはないものです。

でも、症状が軽く、病気ではないと放置しておくこともできません。
本当に病気だったら、どんどん体が蝕まれてしまいます。

性病検査キットを購入すると簡単に検査ができるので便利です。

  • 性病検査キットって薬局で売ってる?
  • 性病検査キットってどこで買えるの?

この「性病検査キット」は薬局やドラッグストアで販売されているのでしょうか。

性病検査キットは薬局で販売されていない

大手ドラッグストアを何件も、場所を変えて見て回ったのですが、一切陳列してあるものを見たことがありません。

マツモトキヨシや大手のウエルシア系列・ツルハドラッグ系列・スギ薬局・ココカラファイン、どこをみてもありません。

置いていない理由は詳しくわかりませんが、そもそもドラッグストアは、商品棚のスペースを様々な商品で、様々なメーカーが取り合いするような状況です。
とてもシビアな仕入れをしているので、ほとんど大手メーカーの商品か、セール用に作られたか、仕入れをしたような商品しかありません。

性病検査キットはおいても、売れなければすぐに撤去されます。
説明の手間、売り上げの面から置いていないのだと推測します。

性病検査キットはインターネットで申し込む方法しかありません。

自己検査キットと郵送検査キットの違い

自己検査キットは、検体を採取するところから検査の確認まですべて自分で行います。
ただし、精度・信頼性から国が承認をしていないので、日本の薬局やドラッグストアなどでは市販されていません。

日本で許可されているのは、血液や尿などの検体を自分で採取し郵送で専門の検査機関へ送り、検査確認を専門機関で行ってもらって、結果を受け取るという郵送の性病検査キットです。

違いは、陽性陰性の判断を自分で行うものと、専門機関で行ってもらうことです。

自己検査キットは自分で行うので、判定の結果もあまり信用できるものではありません。
いまは海外のサイトから自分で購入もできるのですが、商品に不備があるものも多く購入できるからといっておすすめできません。

郵送の性病検査キットは、国の厳しい審査基準をクリアしている衛生検査所で検査機器を用い、専門家が検査確認をします。
検査結果はwebで確認することがが届くこともなく、匿名で誰にも知られずに検査を受けることができます。

性病検査キットはドラッグストアで販売されていないので、検査キットを購入するならインターネットを使った郵送の性病検査キットがお勧めです。

関連記事

  1. 性病検査を自宅する場合はどのようにすればいいのか?

  2. ふじメディカルの3つの安心

  3. 性病検査キットを販売しているSTDチェッカーってどうなの?

  4. クリニック運営の予防会の性病検査キット

  5. 使ったら簡単『さくら検査研究所』の性病検査キット。プライバシー保護も完璧です。

  6. 性病検査キット通販の口コミ比較