性病検査の結果がわかるまでの期間

性病の疑いを持ち始めると、不安な気持ちが続いてしまいます。
ちょっと集中が切れたときなど、性病感染のことを考えてしまい仕事や勉強が手につかないというようなことも多いです。

そんな時は必ず性病検査をしましょう。

性病検査の結果がでるまでの期間は、早いもので即日というものもあります。
だいたい、1週間程度で結果がわかるようになっています。

おすすめは郵送の性病検査キット

郵送の性病検査キットは即日検査はできません。
検体を自宅でとって、検査施設に返送するので数日かかってしまいます。

といっても、最近はとても検査スピードが速くなっていて、検査施設に検体が届いて2-3日程度で結果が出ます。
購入して、検査結果が出るまでに最短で5日程度。

検査の種類が増えたりすると少し時間がかかりますけど、7-10日で結果がでます。

病院に行く時間を考えていたり、月に1回の保健所のスケジュールに合わせることを考えると、「いつでも自宅でできる」郵送の性病検査キットが便利です。

性病検査の結果はどれくらいでわかる?

検査結果が出るまでの期間は検査内容によって変わってきます。
たとえば同じHIVを判断する検査でも、即日検査もあれば病院で検査しても1週間はかかるNAT検査もあります。

即日検査ができる病気

HIV
クラミジア
淋菌
カンジダ
トリコモナス

HIVは保健所、性病検査の病院で行うことができます。
性行為があってから3か月以上経ってからできる検査です。

そのほかの検査は、性病検査専門の病院で行うことができます。

性病検査の病院は自由診療で、いろいろな検査方法を準備しています。
そのかわり、病院によって、即日検査をしている内容も料金もことなるので事前に確認する必要があります。

また即日検査はあるものの、精度が悪くお勧めされない場合もあります。

そのほかの検査

基本的に検査結果がでるまでに1週間が目安です。
病院によってはメールなどで通知してくれるサービスもあります。

保健所の場合はだいたい2週間後の同じ時間に、本人が結果を確認しに行くところが多いです。

また上記の

HIV
クラミジア
淋菌
カンジダ
トリコモナス

も通常の検査の精度がよい場合もあります。

※性病検査をする病院によって、用いる検査方法が異なるので、どの検査がよいかは一概にいえませんが。

郵送の性病検査キット

検査そのものは1-3日で終わります。

血液検査でわかる HIV、B型肝炎、梅毒
これらは比較的早いです。

クラミジア、淋菌は少し時間がかかってしまいます。

郵送の性病検査キットの難点は配送に往復2-3日、場所によってはさらに数日かかることです。
できるだけ検体の採取をスムーズにして、返送までの時間を短縮できるとより結果が早くわかります。

まとめ

結果がすぐに出るのは 即日検査です。

特にHIVの即日検査は精度も高く普及していて、多くの保健所・性病検査の病院で用いられています。

ただし、そのほかの性病の即日検査は保健所ではほとんど利用されていません。
病院の自由診療で行われるので、病院によって料金・種類がことなります。

病院や保健所に行く時間を作ることを考えると
すぐにでも郵送の性病検査を購入し、できるだけ早く結果が出る郵送検査がお勧めです。

関連記事

  1. 性病検査は痛い?どんなことするの?

  2. 性病検査を病院で受ける場合の料金はどれくらい?

  3. クラミジアなどの性病検査はどこで受けるのか?

  4. 【無料】性病検査を保健所で受ける場合、精度はどうなの?

  5. 性病検査をうけるタイミングはいつごろ?

  6. 性病検査ってなにするの?